副業Webライターは未経験からでもOK!始め方について徹底解説

ライフプランニング
この記事は約13分で読めます。
相談者
相談者

副業Webライターはどうやって始めるの?

正直、副業Webライターは稼げる?

数ある副業の中でも、在宅ワークとしての相性がとても良いのがWebライター業です。

プログラミングや動画編集等と比較して参入ハードルも低く、基本的にパソコンでタイピングができる人であれば、Webライターとして活動できます。

性別や年齢、職業に関係なく取り組める副業の一つですので、これから副業を始める人には大変おすすめです。

本記事では副業としてのWebライターの始め方や、取り組むメリット・デメリット等に関して分かりやすく解説しています。

担当FP
担当FP

Webライター業は、本業との相性も良いので大変おすすめです。

スポンサーリンク
  1. 副業Webライターとは?未経験からでもなれるのか
    1. 副業Webライターの業務内容
    2. 副業Webライターの単価・収入の目安
    3. 副業Webライターが向いている人の特徴
  2. 副業Webライターの始め方【簡単2ステップ】
    1. Webライターとしての実績を作る
    2. 営業を行い案件を獲得する
  3. 副業Webライターのメリット4つ
    1. 未経験からでも始めやすい
    2. 場所や時間を選ばず働ける
    3. Webマーケティングの知識が身に付く
    4. 副業から将来的には独立(フリーランス)も目指せる
  4. 副業Webライターのデメリット3つ
    1. 未経験からだと最初はあまり稼げない
    2. 実績やスキルがないと契約に結びつかない
    3. 時間労働なので趣味や家族との時間が削られる
  5. 副業Webライターで稼ぐための3つのコツ
    1. スキルアップを図る
    2. 専門ジャンルを作る
    3. 複数の営業窓口を作る
  6. 副業Webライターを始める際の注意点
    1. 本業に支障が出ないか最初に考慮しておく
    2. 発注者の中には悪質なクライアントも存在する
    3. 会社員は年間所得が20万円以上なら確定申告が必要
  7. 副業Webライターに関するよくあるQ&A
    1. Q.会社に副業がバレないようにするには、どうすればいいですか?
    2. Q.副業Webライターはスマホだけでもできますか?
    3. Q.副業Webライターにおすすめのパソコンは?
    4. Q.クライアントとトラブルになった際はどうしたら良いですか?
    5. Q.発注者に送付する請求書の書き方を教えてください
  8. まとめ

副業Webライターとは?未経験からでもなれるのか

パソコンの基本的な操作ができる人であれば、副業であれど未経験からでもWebライターとして、活動することは可能です。

人によっては未経験から始めて、数ヶ月で本業以上の収入を得ている方もいます。

ただし、「誰でもできる=誰でも稼げる」という訳ではなく、稼げるようになるためにはある程度のスキルと実績が必要です。

担当FP
担当FP

副業としてWebライターを始める人は、意外に多いです。

副業Webライターの業務内容

基本的な流れとしては、以下の通りです。

  1. 案件受注
  2. 構成作成
  3. 執筆
  4. 提出・確認(発注者側)
  5. 修正対応
  6. 確認・納品完了(発注者側)

またWebライターの業務内容は、どのような記事を作成するかによっても異なります。

  • 取材記事
  • SEO記事
  • レビュー記事
  • セールスレター
  • メルマガ etc…

記事を納品した後にクライアントに請求書を送付し、決められた支払い日に報酬が指定口座に振り込まれるまでが、一連の流れになります。

副業Webライターの単価・収入の目安

基本的にWebライターの報酬は、文字単価や記事単価等で判断されます。

例えば1文字1円で案件を受注した場合、1,000文字執筆すると1,000円という計算です。

記事単価だと1記事あたり1万円など文字数に関係なく、報酬が記事単位で支払われます。

その他、業務範囲によっても各種オプションで料金を追加したり、執筆ジャンルによっては単価を上げたりと、自分で価格設定を自由に決められます。

ただし、最初のうちはスキルや実績がない状態なので、低単価で買い叩かれるケースも非常に多いです。

副業Webライターが向いている人の特徴

Webライターが向いている人の主な特徴としては、次のような項目が挙げられます。

  • 好奇心が強い
  • 情報収集が好き
  • タッチタイピングが早い
  • 自制心を持って計画的に取り組める

取り上げている項目はあくまでも一般的な意見ですので、必ずしも該当しないから向いていない、という訳ではありません。

どのような職業にも向き不向きは必ずありますので、一度チャレンジしてみて向いてないと感じた場合は、他を当たってみましょう。

副業Webライターの始め方【簡単2ステップ】

副業Webライターの始め方としては、主に2ステップです。

  1. Webライターとしての実績を作る
  2. 営業を行い案件を獲得する

Webライターは、本業で得た経験やスキルを活かしやすい副業の一つなので、人によっては今日からでも始められます。

担当FP
担当FP

「副業=自分のビジネス」という意識を持って臨みましょう。

Webライターとしての実績を作る

副業としてWebライター業を始める際には、まずは営業する際にアピールできる実績を作る必要があります。

具体的な実績の作り方としては、WordPressを活用したブログの開設や、noteでの記事制作などが挙げられます。

その他、過去にGoogleドキュメント等で作成した記事でも構いません。

発注者側は、必ずWebライターが過去に作成した記事を確認した後に任せられるか判断しますので、まずはアピールできる実績を作りましょう。

営業を行い案件を獲得する

Webライターとしてアピールできる実績がある人は、実際に営業活動を行い案件を受注しましょう。

案件受注の際に使えるおすすめのサービスとしては、次の通りです。

  • クラウドソーシングサイト
  • SNS(Twitter、Instagram、Facebook等)
  • 転職サイト(indeed等)
  • フリーランスエージェント

その他、友人や知人からの紹介なども案件受注に繋がる手段の一つです。

最初のうちは営業活動で躓いてしまう人が多い傾向にありますが、営業は数が大事ですので諦めずに取り組みましょう。

副業Webライターのメリット4つ

副業Webライターとして取り組むメリットとしては、主に4つ挙げられます。

  • 未経験からでも始めやすい
  • 場所や時間を選ばず働ける
  • Webマーケティングの知識が身に付く
  • 副業から将来的には独立(フリーランス)も目指せる

副業といえどWebライター業は、学べることが非常に多いです。

本業との相性もとても良いため副業選びで迷っている人は、とりあえずWebライターに挑戦してみるのも悪くありません。

担当FP
担当FP

Webライター業は、本業にも活かせる副業の一つです。

未経験からでも始めやすい

Webライターを始めるのには、特定の資格や経歴等は必要ないため、未経験からでも誰でも始められます。

プログラミングや動画編集等であれば、ある程度の学習期間が必要になりますが、Webライターは極論タッチタイピングさえできれば可能です。

初期費用に関してもパソコンさえあれば始められるため、既にパソコンが手元にある人にとっては初期費用ゼロからでも始められます。

取り組むリスクに関しても、他の副業よりも低いといえるでしょう。

場所や時間を選ばず働ける

Webライターはパソコン一台で取り組めることからも、在宅ワークとして働けます。

ネット環境とパソコンさえあれば、いつでもどこでも副業として取り組めるため、忙しい会社員の方でも取り組みやすいでしょう。

Webライターとして独立している人の中には、日本企業と仕事を行いながら海外に住んでいる人も意外に多いです。

Webマーケティングの知識が身に付く

Webライターとして業務を行なっていると、他のスキルも身に付けられます

例えば普段からSEO記事を中心に執筆されている人であれば、Webマーケティングの知識やスキルが身に付くでしょう。

Webライターといっても業務内容は多岐に渡り、他の知識やスキル等も必要になってくるため、自ずと周辺スキルの向上にも繋がる訳です。

副業から将来的には独立(フリーランス)も目指せる

副業Webライターとしてある程度稼げるようになってくると、その後フリーランスとしての独立も視野に入ってくるでしょう。

中には、本業以上に稼げるWebライターも存在しており、副業WebライターをきっかけにIT企業へ転職した人もいます。

最初は副業として始めたWebライターが、その後のキャリア形成にも大きな影響を与えるのは、決して珍しいことではありません。

副業Webライターのデメリット3つ

副業Webライターとして取り組むデメリットは、主に3つ挙げられます。

  • 未経験からだと最初はあまり稼げない
  • 実績やスキルがないと契約に結びつかない
  • 時間労働なので趣味や家族との時間が削られる

どのような副業に取り組むにしても、デメリットやリスク等に関しては、必ず事前に把握しておきましょう。

担当FP
担当FP

副業は本業ありきなので、無理してまで行わないようにしましょう。

未経験からだと最初はあまり稼げない

Webライターといえど未経験からだと、安い案件で疲弊しやすいです。

クラウドソーシングサイトでは、1文字0.5円の案件などが数多く募集されています。

経験が浅い初心者は相場感が分かっていない人も多く、あまりにも安い価格帯で案件を受けがちになってしまいます。

安い案件をいくら数多くこなしても薄利多売にしかならないため、思ったように稼げずに途中で辞めてしまう人もかなり多いです。

実績やスキルがないと契約に結びつかない

Webライターに限らずどのような副業でも、本人の実績やスキルが最終的にはものを言います。

実績やスキルが弱いとどうしても、他のライバルに案件を取られてしまう可能性が高く、中・長期的な契約に結び付くのは難しいでしょう。

単発の案件をいくら数多くこなしても収入が安定しないため、できるだけ契約を結んだ上で長いスパン取引ができるように努めましょう。

時間労働なので趣味や家族との時間が削られる

Webライターは、時間労働なので業務を行うための時間の確保が必要になります。

毎月まとまった収入を得るためには、その分まとまった時間を投下しなければならないため、本業以外のプライベートな時間が削られます。

既婚者の場合は、特に家族との時間も献上しなければいけないため、副業Webライターを始める前に家族の了承を得る必要があるでしょう。

副業Webライターで稼ぐための3つのコツ

副業Webライターで稼ぐためのコツとしては、主に3つ挙げられます。

  • スキルアップを図る
  • 専門ジャンルを作る
  • 複数の営業窓口を作る

ただがむしゃらに目の前の案件をこなすだけでは、思ったように稼げません。

実際に副業Webライターとして取り組む際には、目的と目標を明確に定めた上で、計画的に取り組むように意識しましょう。

担当FP
担当FP

先にメンターとなる人を見つけて、真似するのも良い方法です。

スキルアップを図る

副業Webライターとして稼ぎたいのであれば、スキルアップは必要不可欠です。

具体的には、執筆ジャンルに関連する資格を取得したり、SEOに関する知識を深めたり、自身で実際にメディア運営を行ったりと多岐にわたります。

その他、プロのWebライターが出している本を読むのも効果的でしょう。

専門ジャンルを作る

副業Webライターとして大きく稼ぎたいと考えている人は、専門ジャンルを作るのもおすすめです。

例えば本業で金融関連の仕事を行なっている人であれば、金融ジャンルを専門的に扱う「金融ライター」として活動できます。

特定分野の専門家と名乗ることで、単価交渉でも優位に進められるほか、受注者側のニーズも満たしやすいです。

複数の営業窓口を作る

副業Webライターとして活動するのであれば、営業窓口は複数持っていた方が良いでしょう。

例えばSNSやブログ、note等が挙げられます。

あなたの発信内容を見て発注に繋がる可能性は非常に高いため、自ら営業活動を行うだけではなく、無料で使えるSNSやnote等を有効活用しましょう。

またブログはWebライターと相性が良いので、時間的な余裕がある人は実績になるようなブログ記事を作っておくのもおすすめです。

副業Webライターを始める際の注意点

副業Webライターを始める際の注意点としては、主に3つ挙げられます。

  • 本業に支障が出ないか最初に考慮しておく
  • 発注者の中には悪質なクライアントも存在する
  • 会社員は年間所得が20万円以上なら確定申告が必要

未経験から副業を始める際には、怪しい情報商材や詐欺師等には十分注意しましょう。

担当FP
担当FP

副業に関連した詐欺被害は、年々増加傾向にあります。

本業に支障が出ないか最初に考慮しておく

既に本業で忙しい人が、無理して副業を始めても疲弊するだけです。

副業はあくまでも本業ありきですので、周りが副業を行なっているからといって、あなた自身も無理して副業を行う必要はありません。

特にWebライター業は、時間労働なので本業の合間に労働すると考えると、人によってはかなりキツく感じるはずです。

まずは無理のない範囲内ではじめてみて、あなたに合った副業であるか確認しましょう。

発注者の中には悪質なクライアントも存在する

副業ブームに伴い、詐欺を働く輩もかなり増えてきました。

誰でも簡単に稼げる副業がある」といい寄り、怪しい情報商材を売りつけてくるケースも多いため、初心者の方はくれぐれも注意が必要です。

また発注者の中にも、Webライターに不利な条件で業務を依頼する人も多いため、取引相手は注意深く見定める必要があるでしょう。

副業の場合は、本業とは異なり全て自己責任となりますので、副業だからと思わずに「自分のビジネス」という意識で取り組むべきです。

会社員は年間所得が20万円以上なら確定申告が必要

会社員として副業を始める際には、税金や確定申告等に関しても把握しておく必要があります。

特に確定申告に関してははじめて行う人も多く、直前になって(やり方が分からない…)となっては、本業に支障がでかねません。

副業Webライターとして活動するのであれば、最低限の知識を身につけた上で取り組むべきでしょう。

幸い、現在はスマホでも簡単に確定申告が行えますので、事前にやり方を確認しておきましょう。

副業Webライターに関するよくあるQ&A

副業Webライターに関する多くの質問や悩み等の中から、特に多かった内容だけに絞って、それぞれ分かりやすく回答をまとめてみました。

担当FP
担当FP

各自要点は必ず押さえた上で、取り組むようにしましょう。

Q.会社に副業がバレないようにするには、どうすればいいですか?

会社で副業が禁止されている場合は、最初に信頼できる上司に相談するのがおすすめです。

隠れて副業を行なっているのは、本業を失うリスクがあります。

最悪、懲戒処分を下されかねませんので、必ず上司に相談した上で解決策がないか検討しましょう。

それでも副業を隠れて行いたい場合は、住民税の納税分は本業とは別にしておく必要があります。

副業の所得にかかる住民税の納税手続きに関しては、最寄りの市区町村の役場で簡単に行えます。

Q.副業Webライターはスマホだけでもできますか?

スマホでもテキスト入力は可能ですが、パソコンの方が作業効率が格段に良いでしょう。

副業Webライターとして稼いでいる人の9割以上が、パソコンで作業を行なっています。

手元にパソコンがない方は、新しく購入を検討してみてください。

Q.副業Webライターにおすすめのパソコンは?

強いておすすめを挙げるとするならば、「(M1)MacBook Air」でしょうか。

副業Webライターに必要なパソコンのスペックは、それほど高くはありません

メーカーに関しても、MacやWindows等どこでも構いません。

あなたが使いやすいと思えるパソコンを選んで、利用すると良いでしょう。

Q.クライアントとトラブルになった際はどうしたら良いですか?

万が一、発注者(もしくは第三者)と副業を行う上でトラブルになった場合は、FPや弁護士等の専門家に一度相談してみてください。

クラウドソーシングサイト上でのトラブルは、運営側に相談すると良いです。

また、詐欺被害や事件に巻き込まれた場合は、消費者ホットライン警察等へ直接相談しましょう。

Q.発注者に送付する請求書の書き方を教えてください

出典:misoca

発注者に送付するための請求書に記載すべき項目は、大きく分けて9つあります。

  • 請求書の宛先
  • 発行日
  • 支払期日
  • 発行者
  • 請求金額
  • 請求内容
  • 消費税の表示
  • 源泉徴収税の有無
  • 振込先

請求書を作成する際には、テンプレートを活用するのが一般的です。

無料のテンプレートはネット上にも公開されていますので、内容を確認した上で積極的に活用しましょう。

まとめ

副業Webライターの始め方(2ステップ)に関して、未経験者にも分かりやすく解説しました。

  1. Webライターとしての実績を作る
  2. 営業を行い案件を獲得する

Webライターは他の副業と比べて取り組みやすい一方で、思ったように稼げていない人が意外に多いです。

特に未経験から始めた人は、最初はあまり稼げない可能性が高いですが、業務をこなすことでスキルアップには繋がっています。

最初からお金を求めるのではなく、まずはあなた自身のスキルや知識の向上に目を向けて、前向きに取り組む姿勢が大切です。

担当FP
担当FP

中・長期的な視点を持って、計画的に取り組みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました