Seeplink 編集部

不動産運用

2022年の公示価格は全国的に上昇。変動が大きいエリアとは?

国土交通省が1月1日時点の地価を調査し、公表する「公示価格」は不動産取引の指標となる重要な数値です。2022年変動率の幅が最も大きかった土地は住宅地・商業地ともに北海道・北広島市でした。一体なぜでしょうか?本記事では公示価格とは何か、2022年の公示価格、変動率の幅が大きい土地と要因などをお伝えしていきます。
相続・事業承継

デジタル遺産で相続税が加算!?ネット・クラウド上の資産にも相続対策を

デジタル遺産とは、ネット銀行の預金やネット証券会社の有価証券、暗号資産、電子マネーの残高やオンラインで契約したサブスクリプション(定期契約)などを指します。本記事ではデジタル遺産とは、SNSのアカウントについて、デジタル遺産の相続トラブル事例と対策について解説していきます。
不動産運用

マンションVS戸建て、マイホームにはどちらが良い?メリット・デメリットを比較

マイホームを選ぶにあたってマンションと戸建て、どちらが良いか悩む方は多いでしょう。マンションと戸建てにはそれぞれメリット・デメリットがあり、今後のライフプラン・マネープラン、住まいに関する考えなどからどちらかを選ぶ事になります。本記事ではマンションと戸建ての特徴とメリット・デメリット、選び方について解説していきます。
スポンサーリンク
相続・事業承継

贈与税とは?いくらから支払う?基礎控除額・申告納付方法など徹底解説

贈与税は個人からもらった財産に対してかかる税金で、「暦年課税」と「相続時精算課税」という2つの方法から選択し、申告・納付します。暦年課税と相続時精算課税では控除額が異なり、相続時精算課税はあらかじめ税務署に届出が必要となります。本記事では贈与税の概要と2つの方法と税率、申告・納付方法について解説していきます。
不動産運用

セットバック、接道義務とは?知っておきたい道路のルール

通常の道路と異なる「2項道路」という道路があり、2項道路に接した土地・建物を購入する際には「セットバック」について知っておく必要があります。本記事では2項道路やセットバック、接道義務・建築制限など「道路のルール」について解説していきます。
相続・事業承継

遺言書の撤回方法や文例とは?遺言書が複数見つかった時の対処法も解説

遺言を書いた方の気持ちが変わり、遺言書を「撤回したい」「内容を変更したい」というケースは少なくありません。民法にも遺言者はいつでも遺言を撤回できる旨が記されており、自筆証書遺言・公正証書遺言といった遺言の方式に従い撤回が可能です。本記事では遺言者の撤回方法や文例、遺言書が複数見つかった時の対処法や遺言書の探し方を解説していきます。
相続・事業承継

相続放棄した空き家でも管理責任がある?知っておきたい空き家の相続放棄

少子高齢化に伴い空き家の数は年々増加しており、親が空き家を残し亡くなったため相続を放棄する人も増えています。空き家などの相続財産は相続人全員が相続放棄した場合は管理義務が残りますので、相続を放棄する予定の方は注意が必要です。本記事では相続と相続放棄の概要、空き家の相続放棄の現状、管理義務が残った場合の対処法3つを解説していきます。
ライフプランニング

<2022>住宅ローン控除が見直しに。不動産関連の税制改正を解説

2022年の税制改正大綱が閣議決定し、住宅ローン控除率の見直し、住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税措置など控除制度の適用期限が2年延長といった様々な制度が創設・改正・延長となることが分かりました。本記事では住宅ローン控除の改正を中心に、不動産に関する制度の創設・改正・延長などをまとめました。
ライフプランニング

サラリーマンの副業で確定申告が必要なケースとは?ビットコインやギャンブルの利益は副業?

副業を行うサラリーマンが増え、「確定申告は必要?」とお考えの方は多いでしょう。中には副業禁止の会社で副業を行い「確定申告で会社にばれるのでは?」という方もいらっしゃるかもしれません。本記事ではサラリーマンで確定申告が必要なケース、「副業」になるものならないもの、所得の計算方法や確定申告の流れを解説していきます。
相続・事業承継

2024年から相続登記が義務化。相続登記を簡易化できる新制度も

2023年から相続した不要な土地を国庫に帰属できる相続土地国庫帰属制度と土地利用に関する改正民法の新制度が開始となり、2024年から相続登記が義務化となります。本記事では、相続登記の義務化について、相続土地国庫帰属法創設と民法一部改正により一体何が変わるのかを解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました