年金

リスクと保険

フリーランスで年金を払わない人は損してる?免除申請の方法と条件を解説

年金問題に関しては、よくテレビや新聞などのメディアで取り上げられる話題ですが、年金制度自体が破綻する可能性は極めて低いです。そのためフリーランスの方であっても、極力国民年金保険料を支払っておくべきでしょう。この記事ではフリーランスの国民年金保険料の支払いに関して、初心者にも分かりやすく解説しています。
ライフプランニング

将来の年金受給額を増やすためには?知っておきたい4つの方法

「将来受け取る年金を増やしたい」「年金の受給額を増やすためにはどのような方法があるの?」とお考えの方は多いでしょう。年金の受給額を増やすためには繰り下げ受給や65歳までの任意加入、iDeCoへの加入などの方法があります。本記事では国民年金の被保険者について、受給額を増やすために知っておきたい4つの方法を解説していきます。
ライフプランニング

年金の繰り上げ・繰り下げ受給で知っておくべき事。損益分岐点は何歳?

的年金(国民年金と厚生年金)は原則65歳から受け取りますが、60歳からの繰り上げ受給、75歳からの繰り下げ受給ができます。本記事では年金の繰り上げ・繰り下げ受給とは、平均寿命で計算する損益分岐点、人生100年時代の年金受給モデル「WPP」について解説いたします。
スポンサーリンク
ライフプランニング

海外移住すると年金はどうなる?損しないための必要な手続きを解説

海外移住を検討されている方は、日本で必要な手続きを済ませてから渡航するのが無難です。そのまま放置していると知らない間に滞納扱いとなり、将来の年金受給やビザの取得などに悪い影響がでかねません。この記事では海外移住を行う際に、必要な公的年金の知識や具体的な手続き等に関して、初心者の方にも分かりやすく解説しています。
ライフプランニング

社会保険の制度や種類とは?FPがわかりやすく解説

社会保険には公的医療保険・公的年金保険・介護保険・労働保険の4種類があり、それぞれ目的や加入条件が異なります。例えば公的医療保険は医療費負担の軽減、年金保険は年齢・障害等によって働けなくなった時に年金が受給できる保障制度です。本記事では、FPが社会保険の種類と概要、加入条件などについて解説していきます。
ライフプランニング

2022年4月から施行!年金制度改正法、4つの変更点とは?

2022年4月から年金制度改正法が施行されました。今回の改正は、在職老齢年金制度の見直し・在職定時改定の導入、年金受給開始時期の上限を拡大、確定拠出年金の加入可能年齢の引き上げなど年金受給年齢・加入年齢の上限拡大が中心となっています。 ...
ライフプランニング

FPが選んだ失敗しない老後資金のおすすめの貯め方5選!【最新版】

老後生活に関して不安を抱いている人の大半が、お金に関する問題です。以前のように老後資金を年金と退職金だけで補うのは、既に不可能な状況にあるといっても過言ではありません。この記事では足りない老後資金を形成するための具体的な方法や、年代別の資産形成に対する考え方等を、分かりやすく解説しています。
ライフプランニング

40代独身女性の老後資金はいくらあれば安心なのか?【FPが回答】

老後に対する不安は皆同じく抱えており、40代独身女性も例外ではありません。基本的には40代から老後に対する備えを、始めるのがベストとされています。この記事では40代独身女性に的を絞った老後資金に関する情報や、平均貯蓄額、老後のリスク等を分かりやすく解説しています。
ライフプランニング

老後資金は夫婦2人でいくら必要?具体的な目安を解説【FP監修】

一時期話題となった“老後2,000万円問題”や、”人生100年時代”などの話題からも分かるように、老後資金はある程度まとまった額が必要になります。この記事では老後資金として、具体的にどのくらい必要なのかや、老後資金を効果的に貯める方法等に関して分かりやすく解説しています。
ライフプランニング

定年退職後の生活(セカンドライフ)を充実させる為の考え方とお金の話

日本政府は”高年齢者雇用安定法“により、65歳まで定年を引き上げる法整備を行いました。65歳まで働くと仮定した際に、その後の生活に関して50代でしっかりとイメージすることが、とても大切です。この記事では定年退職後の生活に必要なお金や、充実した暮らしを実現させるために必要な考え方に関して、分かりやすく解説しています。
タイトルとURLをコピーしました