地方移住で失敗する主な理由・原因5選!田舎暮らしで後悔する人とは?

ライフプランニング
この記事は約9分で読めます。
相談者
相談者

地方移住で失敗する原因や理由って何ですか?

地方移住に失敗した人の体験談が知りたい!

最近は都会から地方へと移住する人が多くなってきていますが、必ずしも全員が地方移住に成功している訳ではありません。

メディア等ではよく地方移住者の成功体験が取り上げられますが、実際には失敗した人も一定数いらっしゃいます。

現時点で地方移住を検討されている方は、失敗事例を参考に同じような過ちを繰り返さないでいいように、事前に対策を練る必要があるでしょう。

この記事では地方移住に失敗した人たちの理由や原因を始め、失敗してしまった人たちの特徴等も分かりやすくまとめています。

最後まで読んで頂くことで、地方移住を行う際に注意すべき点が明確に把握できるはずです。

担当FP
担当FP

地方移住を行う際には、しっかりとした下調べを行った上で実行することが大切です。

現地へ移住した後に(イメージと違った…)と、ならないでいいようにしましょう。

スポンサーリンク

地方移住で失敗する主な理由・原因5選

地方移住で失敗する主な理由や原因としては、大きく分けて5つ挙げられます。

  • 人間関係が上手くいかなかった
  • 環境の変化に対応できなかった
  • 仕事(収入源)が見つからなかった
  • その後の明確なビジョンがなかった
  • 住まいが欠陥住宅でリフォーム代が高くついた

都会と田舎の暮らしは全く異なるものであり、移住する前にどの程度移住先での暮らしをイメージできるかが重要になってきます。

そのためには移住先の情報を徹底的に調べて、本当に自分達が田舎で生活できるか検証する必要もあるでしょう。

担当FP
担当FP

人付き合いに関しては都会よりも田舎の方が、より重要になってきます。

田舎のコミュニティにうまく馴染めるかが、一つの成功要素といっても過言ではありません。

人間関係が上手くいかなかった

Rさんの体験談(30代・男性)

都会から田舎へ地方移住したのはよかったのですが、地元の人の中に溶け込めないまま生活していたため、非常に孤独感を感じていました。

地域のイベント等にも誘われることもなく、非常に居心地が悪かったです…。

地元の人の中に溶け込めない」というのは、地方移住の失敗談としてはよく挙げられる事例です。

田舎では積極的に自分からコミュニティに参加していかないと、関係性を築くのは難しい場合もあるため、長期的にみて良い関係性を築くための努力が必要です。

逆に一度良い関係性を築くことができれば、近所の人から野菜や果物等を無償で頂いたりすることもできます。

環境の変化に対応できなかった

Mさんの体験談(30代・女性)

あまり下調べもせずに勢いで地方移住したのですが、想像以上に田舎での暮らしが大変で1年で都会に引き返すことになりました。

もともと田舎でカフェを開業しようと考えていましたが、当時は理想だけが先行してしまい、集客の部分で上手くいかずにすぐに閉店することになったのが主な原因です。

田舎で起業を考える人は意外に多いですが、都会とは環境が全く異なるため、同じようなイメージで事業を行っては失敗する可能性が高くなります。

理想と現実の乖離を出来るだけ無くすためにも、地方移住を検討されている方は、しっかりと下調べを行った上で実行する必要があるでしょう。

特に田舎で起業を検討されている方は、一度実際に移住された人に話を伺うなどのアクションも必要不可欠です。

仕事(収入源)が見つからなかった

Sさんの体験談(40代・男性)

(地方で何か仕事が見つかるだろう…)と考えて実際に田舎へ引っ越しましたが、思ったように仕事が見つからず、当時はかなり苦労しました。

今はなんとか生活できるだけの収入を確保できるようになりましたが、地方移住前に仕事(収入源)の確保を行なっておくべきだったと後悔しています。

田舎は都会と比較して求人数が少ない上に、30代後半以降になると極端に転職市場での需要が低くなります。

生活費は都会よりも下がるかもしれませんが、それでも収入がなければ生活は成り立ちません。

地方移住を検討されている方は、先に仕事(収入源)の確保を行なった上で実行すべきでしょう。

その後の明確なビジョンがなかった

Kさんの体験談(女性・20代)

田舎の生活に憧れて地方移住を行いましたが、いざ田舎で生活してみると今後何をやっていけばいいのか分からなくなってしまいました。

移住する前はとにかく物件探しや仕事探しに右往左往していましたが、生活が落ち着くにつれて自分が田舎で本当は何がしたいのか分かりません。

今はまた都会へ戻ろうかと検討中です。

田舎は都会と比較して若い人からすると非常に刺激が少なく、人によっては退屈に感じやすい環境かもしれません。

実際に地方移住した方の中には、田舎での生活に飽きてまた都会に戻った人もいらっしゃいます。

せっかく苦労して地方移住したのに、また都会に戻っては無駄足になってしまいますので、移住前に明確な移住後のビジョンを考えておきましょう。

住まいが欠陥住宅でリフォーム代が高くついた

Tさんの体験談(男性・40代)

地方移住のために田舎で古民家を購入しましたが、築年数があまりにも経ち過ぎていて、かえってリフォーム代金の方が高くついてしまいました。

また住宅の維持費等もばかになりません…。

田舎の古民家はかなり老朽化が進んでいる物件が多く、実際に購入する際にはリフォーム代や維持費等も、しっかりと考慮した上で検討する必要があります。

破格の値段で売りに出されているということは、何かしらそれなりの理由があるということに変わりないため、詳細に関して確認を行うようにしましょう。

また農地付きの物件などは、土地の手入れも定期的に行う必要があるため、その点も合わせて検討するべきです。

地方移住で失敗・後悔してしまう人の特徴

  • お客様意識が強い
  • コミュニケーションが苦手
  • スローライフに憧れている
  • 積極的に自分から動けない
  • 世代が違う人と接するのが苦手
  • 地域や集落の歴史や文化に興味がない

地方移住で失敗してしまう人には、共通した特徴が挙げられます。

誰しもが地方での生活が適しているとは限りませんので、一過性の憧れだけで地方移住して失敗してしまわないように注意しましょう。

担当FP
担当FP

いくら地方移住が魅力的だといっても、人によっては合わないケースもあります。

そのため、自身の性格等も考慮した上で地方移住を検討するのも大切なことです。

お客様意識が強い

地方移住で失敗してしまう人の中には、いつまで経ってもお客様意識が抜けない人がいます。

いくら周りから囃し立てられるからといって、いつまでもお客様意識でいると地元のコミュニティに馴染めなくなってしまいます。

ある程度したら自身も地域の一員である自覚を持って、行動することが大切です。

コミュニケーションが苦手

都会の人間関係に疲れて田舎に移住する人がいますが、コミュニケーションに関しては田舎の方が意外に大変だったりします。

なぜなら都会とは異なり田舎は人との距離感がかなり近い上に、集落によってはまるで家族の一員であるかのような対応をされるところもあるくらいです。

そのような関係性の中でコミュニケーションが苦手だと、かなりストレスを感じてしまうことでしょう。

スローライフに憧れている

地方移住=スローライフ」という印象を持っている方は、実際に移住してから後悔する可能性があります。

なぜなら田舎といえどやることは意外に多く、自宅のリフォームや農地の手入れ、地域行事への参加等自身のことだけではなく、地域のことも考えなければいけないからです。

その他、雪が多い地域だと冬は毎日のように、雪かきに追われることでしょう。

また都会だと隣人との関係性は希薄になりがちですが、田舎だと隣人への気配りも非常に大切になってきます。

田舎での生活は意外に都会よりも忙しく、そのような状況でも楽しめる人が向いているといえます。

積極的に自分から動けない

地方で生活する上では、積極性が非常に大切になってきます。

積極的に地元の人たちの輪の中には入っていかなければ、いつまで経っても地域の一員としては見なされません。

受け身でいると良い話なども振られませんので、地方へ移住される際には積極的に自ら行動するように心がけましょう。

世代が違う人と接するのが苦手

都会には若者が大変多く同世代の人たちも比較的に多い方ではありますが、田舎へ行くと高齢者の割合が圧倒的に多いです。

そのため、20代30代の若い世代で地方移住する場合、周りに同じような年代が全くいない状況になりやすいといえます。

そのような中で世代が違う人たちとも同等に接することができなければ、地方で長く生活するのはかなり難しいでしょう。

地域や集落の歴史や文化に興味がない

地方では地元の文化や歴史を大切に扱っているところが多く、積極的に地元の行事や祭りごとに参加する人たちが多いです。

そのような中で都会から移住してきた人が、全く地元の歴史や文化等に興味がないそぶりを見せてしまうと、地元の人たちからしたらあまりよく見えません。

少しずつで良いので地域や集落の歴史や文化に興味を持ち、地元の人たちから学ぶ姿勢を見せることができれば、良い関係性を築くことができるでしょう。

失敗しない地方移住のやり方【簡単3ステップ】

  1. 念入りに情報収集を行う
  2. 先に仕事(収入源)を確保する
  3. 移住先に頼れる人を見つける

上記に挙げている項目は、地方移住を行う前に最低でも行なっておくべきこと、といっても過言ではありません。

特に地方移住で失敗してしまう人は、事前のリサーチの部分が浅かったりするため、これから地方移住を行う方は念入りに情報収集を行うようにしましょう。

担当FP
担当FP

本当に地方移住を行うべきか見定めるためにも、最初の段階での情報収集は非常に大切になります。

念入りに情報収集を行う

情報収集の具体的なやり方に関しては、実際に気になる都道府県(もしくは市区町村)の公式サイトや、地方移住支援サイト等を活用するのが得策です。

また最近は地方移住者で情報発信されている方も多いので、ブログやYouTube等を見て参考にするのも良いでしょう。

その他、直接DMを送って(もしくは電話で)問い合わせを行うのも一つの方法です。

先に仕事(収入源)を確保する

地方移住を行う前に、まずは移住先での収入源を明確にしておくべきです。

実際に移住してから仕事を探そうとしても、うまく仕事が見つからない可能性もありますので、収入源は先に確保しておいた方がメンタル的にも良いといえます。

実際に地方移住先で仕事が見つからずに後悔する人もいますので、くれぐれも注意しましょう。

移住先に頼れる人を見つける

地方移住体験サービス等を利用し、移住先に頼れる人を先に作っておきましょう。

移住先に全く頼れる人がいないと、自宅探しや仕事探し等でかなり苦労します。

地元のことは地元の人がよく知っているため、最低でも一人は頼れる人を作った上で、移住を検討するようにしましょう。

まとめ

地方移住で失敗する主な理由や原因などを、5つご紹介しました。

  • 人間関係が上手くいかなかった
  • 環境の変化に対応できなかった
  • 仕事(収入源)が見つからなかった
  • その後の明確なビジョンがなかった
  • 住まいが欠陥住宅でリフォーム代が高くついた

実際に地方移住を行う際には、念入りな事前リサーチが非常に大切になってきます。

移住した後に(イメージと違った…)とならないで良いようにしましょう。

また地方移住は大きなライフイベントですので、一度将来設計を見直した上で本当に実行すべきか慎重に判断しましょう。

担当FP
担当FP

ライフプランニング等に関するお悩みは、専門家であるFPへお気軽にご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました