相続・事業承継

相続・事業承継に関する有用な情報を提供しています。

相続・事業承継

相続対策で失敗し赤字に…成功させるためのポイント4つとは?

相続対策には不動産の購入・生命保険加入などの相続税の節税、生前贈与による推定相続人(将来相続人となる方)の負担軽減などがあります。相続対策の失敗事例にはどのようなものがあるのでしょうか?成功させるためのポイントとは?本記事では、相続対策の失敗事例と成功させるためのポイント4つを解説していきます。
お金のコラム

【FP解説】遺言書でありがちなトラブル事例と対処法6つとは

遺言書に関するトラブルが起こった際にはどのように対処すべきなのでしょうか?トラブルを回避できる遺言書を作成するためのポイントとは何でしょうか?本記事では、遺言書でありがちなトラブル事例6つとトラブルを防ぐ遺言書作成のポイント6つを解説していきます。
お金のコラム

相続対策に有効な生前贈与とは?贈与税の非課税制度を解説

生前贈与は生前に現金で一定額を贈与する方法で、相続対策としてハードルが低く取り組みやすい方法です。さらに生前贈与を行っておくことで、将来相続人となる方は相続の手続きの手間が軽減されます。本記事では、生前贈与の概要と贈与税について、相続対策として有効な生前贈与の方法5つを非課税制度と共に解説していきます。
スポンサーリンク
お金のコラム

40代から終活を行う4つのメリット!断捨離で人生を豊かにしよう

“終活”とは、「人生の終わりの終わりのための活動」であり、残りの人生をより充実させるために行うものです。一般的には60〜70代で終活を始める人が多いですが、最近は40代で終活を行う人も増えてきています。この記事では40代で終活を行うメリットや、具体的にやることをリスク化して分かりやすく解説しています。
お金のコラム

終活はいつから始めるべき!?やることリストや注意点等を徹底調査

自身が死んだ後に残された遺族に迷惑をかけないためにも、生前に身辺整理を行なったり、相続のために遺言書を作成したりするのが終活です。この記事では、終活を始める時期や具体的なやり方等に関して、はじめての方にも分かりやすく解説しています。
お金のコラム

個人向けの事業継承おすすめマッチングサイト5選【スモールM&A】

日本では少子高齢化の影響もあり、中・小企業の多くが事業継承者探しに悩みを抱えています。事業継承者に関する問題は、何も法人だけの話ではなく個人事業主にも該当する大きな問題です。この記事では個人向けの事業継承に関する、おすすめのM&Aマッチングサイトを初心者の方でも、分かりやすく解説しています。
お金のコラム

贈与税の時効は6年(隠蔽は7年)時効が滅多に成立しない3つの理由

贈与税の時効は基本的には6年となっていますが、故意に申告を隠したりすると、7年に時効が先延ばしにされます。しかし、贈与税の時効は滅多に成立しません。この記事では贈与税の時効が滅多に成立しない理由や、無申告が税務署にバレた際のペナルティ等について、分かりやすく解説しています。
お金のコラム

相続の相談先とは?銀行・役所など7ヶ所を紹介。相談費用も

相続は金銭面に加え、被相続人(亡くなった方)の意向や親族との関係性などパーソナルな情報を話さなければいけないため、信頼できる相談先を見つけておくことが重要です。本記事では相続の設計や相続税、トラブルが起こった時など相続における相談先7ヶ所を費用と合わせてご紹介します。
お金のコラム

贈与税の抜け道!非課税になる主な8つのケースを解説【FP監修】

贈与税に関しては、贈与額から110万円を差し引いいた課税価格に対して、累進課税の税率が適応されるため、課税価格が多ければ多いほど納税額も多くなります。とはいえ、贈与税には控除制度が多数設けてあるため、適応条件さえ満たせばある程度は避けることが可能です。
お金のコラム

贈与されたお金を返すと贈与税はかからない?【FPが回答】

贈与されたお金を返すと贈与税はかかるのかどうか、その金額や状況によりかかるケースとそうでないケースに分かれます。この記事では贈与されたお金を、返却する際の贈与税に関して、初心者の方でも分かりやすく解説しています。最後まで読んでいただくことで、贈与の返却に関する正しい知識を、身につけることができるでしょう。
タイトルとURLをコピーしました