相続・事業承継

相続・事業承継に関する有用な情報を提供しています。

相続・事業承継

いらない相続財産はどうすればよい?フローチャートと5つの対処法

田舎の土地や築年数の古い実家、借金、含み損のある株式などいらない相続財産がある場合は一体どうしたら良いのでしょうか? 相続放棄は被相続人(亡くなった方)の相続財産全てを放棄するため、他に相続したい財産が無い場合には有効な手段です。一...
相続・事業承継

いらない土地を国に返す「相続土地国庫帰属制度」とは

2023年4月から、相続・遺贈によって得た不要な土地を国庫に帰属させる「相続土地国庫帰属制度」がスタートします。 相続土地国庫帰属制度は相続又は遺贈で取得したいらない土地が一定の要件を満たしている場合、10年分の管理費用相当額を負担...
相続・事業承継

デジタル遺産で相続税が加算!?ネット・クラウド上の資産にも相続対策を

デジタル遺産とは、ネット銀行の預金やネット証券会社の有価証券、暗号資産、電子マネーの残高やオンラインで契約したサブスクリプション(定期契約)などを指します。本記事ではデジタル遺産とは、SNSのアカウントについて、デジタル遺産の相続トラブル事例と対策について解説していきます。
スポンサーリンク
相続・事業承継

贈与税とは?いくらから支払う?基礎控除額・申告納付方法など徹底解説

贈与税は個人からもらった財産に対してかかる税金で、「暦年課税」と「相続時精算課税」という2つの方法から選択し、申告・納付します。暦年課税と相続時精算課税では控除額が異なり、相続時精算課税はあらかじめ税務署に届出が必要となります。本記事では贈与税の概要と2つの方法と税率、申告・納付方法について解説していきます。
相続・事業承継

遺言書の撤回方法や文例とは?遺言書が複数見つかった時の対処法も解説

遺言を書いた方の気持ちが変わり、遺言書を「撤回したい」「内容を変更したい」というケースは少なくありません。民法にも遺言者はいつでも遺言を撤回できる旨が記されており、自筆証書遺言・公正証書遺言といった遺言の方式に従い撤回が可能です。本記事では遺言者の撤回方法や文例、遺言書が複数見つかった時の対処法や遺言書の探し方を解説していきます。
相続・事業承継

相続放棄した空き家でも管理責任がある?知っておきたい空き家の相続放棄

少子高齢化に伴い空き家の数は年々増加しており、親が空き家を残し亡くなったため相続を放棄する人も増えています。空き家などの相続財産は相続人全員が相続放棄した場合は管理義務が残りますので、相続を放棄する予定の方は注意が必要です。本記事では相続と相続放棄の概要、空き家の相続放棄の現状、管理義務が残った場合の対処法3つを解説していきます。
相続・事業承継

2024年から相続登記が義務化。相続登記を簡易化できる新制度も

2023年から相続した不要な土地を国庫に帰属できる相続土地国庫帰属制度と土地利用に関する改正民法の新制度が開始となり、2024年から相続登記が義務化となります。本記事では、相続登記の義務化について、相続土地国庫帰属法創設と民法一部改正により一体何が変わるのかを解説していきます。
相続・事業承継

相続対策で失敗し赤字に…成功させるためのポイント4つとは?

相続対策には不動産の購入・生命保険加入などの相続税の節税、生前贈与による推定相続人(将来相続人となる方)の負担軽減などがあります。相続対策の失敗事例にはどのようなものがあるのでしょうか?成功させるためのポイントとは?本記事では、相続対策の失敗事例と成功させるためのポイント4つを解説していきます。
お金のコラム

【FP解説】遺言書でありがちなトラブル事例と対処法6つとは

遺言書に関するトラブルが起こった際にはどのように対処すべきなのでしょうか?トラブルを回避できる遺言書を作成するためのポイントとは何でしょうか?本記事では、遺言書でありがちなトラブル事例6つとトラブルを防ぐ遺言書作成のポイント6つを解説していきます。
お金のコラム

相続対策に有効な生前贈与とは?贈与税の非課税制度を解説

生前贈与は生前に現金で一定額を贈与する方法で、相続対策としてハードルが低く取り組みやすい方法です。さらに生前贈与を行っておくことで、将来相続人となる方は相続の手続きの手間が軽減されます。本記事では、生前贈与の概要と贈与税について、相続対策として有効な生前贈与の方法5つを非課税制度と共に解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました