ライフプランニング

定年退職後の生活(セカンドライフ)を充実させる為の考え方とお金の話

日本政府は”高年齢者雇用安定法“により、65歳まで定年を引き上げる法整備を行いました。65歳まで働くと仮定した際に、その後の生活に関して50代でしっかりとイメージすることが、とても大切です。この記事では定年退職後の生活に必要なお金や、充実した暮らしを実現させるために必要な考え方に関して、分かりやすく解説しています。
お金のコラム

地価が下落?生産緑地の2022年問題とは

生産緑地とは都市部にある農地を指し、一定の要件を満たすことで30年間は「生産緑地地区」として固定資産税の減免や相続税の猶予といった税制の優遇を受ける事が出来ます。近時「生産緑地の2022年問題」が懸念されています。生産緑地とは一体どのような制度なのでしょうか?本当に2022年問題が起こってしまうのでしょうか?
ライフプランニング

定年退職後の仕事ランキングTOP5!探し方や必要な資格も徹底解説

サラリーマンとして会社に勤めている人は、基本的に60歳もしくは65歳で定年退職を迎えます。人生100年時代を生き抜くためには年金だけでは不十分であるため、多くの人がその後も働く選択を強いられます。この記事では定年退職後の仕事の選び方や、シニア世代に人気の高い仕事を、ランキング形式でご紹介しています。
スポンサーリンク
ライフプランニング

定年退職はいつがいい?知らないと損する定年前の失業給付に関する話

定年退職の年齢は所属している会社によって異なります。厚生労働省「就労条件総合調査」によると、定年を60歳と定めている企業は全体の8割であり、残りの約2割は65歳と定めているようです。この記事では定年退職はいつがいいのかに関する回答や、定年前に知っておきたい制度やお金等に関する情報を、分かりやすくまとめています。
お金のコラム

収益物件の価値を算定する収益還元法とは?直接還元法とDCF法の計算方法を解説

不動産の評価方法には原価法(積算法)、取引事例比較法、収益還元法の3つがあり、収益不動産の評価には収益還元法が用いられます。収益還元法には「直接還元法」と「DCF法」があります。今回の記事では、収益還元法とは、直接還元法とDCF法の計算方法と具体的な計算例、DCF法で計算できるサイトをお伝えしていきます。
ライフプランニング

ワークライフバランスとは?企業側の主な5つの取り組みを徹底解説!

“ワークライフバランス”とは、いわば「生活と仕事の調和を図りましょう」という一つの理念を指します。少し前の日本社会では誰よりも長く一生懸命働くことが美徳とされていましたが、長時間労働も見直されてきています。この記事ではワークライフバランスに関する考え方、メリット、企業側の主な取り組み等に関してわかりやすく解説しています。
ライフプランニング

企業による肩代わり!奨学金返済サポート制度の特徴と企業一覧を公開

給付型の奨学金制度であれば返済の義務はありませんが、貸与型の奨学金を受け取った人は、全額卒業後に返済しなければいけません企業が提供している”奨学金返済サポート制度”等をうまく活用することで、返済を早めることも可能です。この記事では”奨学金返済サポート制度”に関する特徴や、返済支援を実際に行っている企業に関して、わかりやすく解説しています。
お金のコラム

【FP解説】親が亡くなった時にやること、相続・税金関連の手続きを時系列で紹介

「親が亡くなったらどんな手続きをすればいい?」「相続は一体どうすれば」と心配になる方、実際の場面で戸惑ってしまう方は少なくありません。期限が決まっているものもありますので、迅速で的確な判断が必要となります。本記事では、親が亡くなった時にやるべきこと・相続関連の手続きなどを時系列順で解説していきます。
ライフプランニング

奨学金制度の申し込み期限を過ぎたらどうなる?申し込み手続きのやり方と注意点を解説

基本的には奨学金制度の申し込み期限を過ぎてしまうと、その後の申し込みはできないようになっています。仮に一度申し込み期限を過ぎてしまった場合は、学校側に一度相談してみるのが得策でしょう。この記事では奨学金制度の代表的な4つの種類と、それぞれの申し込み期限等に関して、分かりやすく解説しています。
ライフプランニング

子ども保険(学資保険)が必要な3つの理由とその加入率を解説!

子ども保険(学資保険)とは、子供の教育費として必要な資金を、確保するために活用するものです。子ども保険は保険でありながら貯蓄性も兼ね備えており、加入することで子供が進学したりした際に、祝金や満期金として支給されます。この記事では子ども保険の加入率やその必要性をはじめとした、子どもに必要な保険関連に関して、分かりやすく解説しています。
タイトルとURLをコピーしました