贈与税

相続・事業承継

贈与税とは?いくらから支払う?基礎控除額・申告納付方法など徹底解説

贈与税は個人からもらった財産に対してかかる税金で、「暦年課税」と「相続時精算課税」という2つの方法から選択し、申告・納付します。暦年課税と相続時精算課税では控除額が異なり、相続時精算課税はあらかじめ税務署に届出が必要となります。本記事では贈与税の概要と2つの方法と税率、申告・納付方法について解説していきます。
相続・事業承継

相続対策で失敗し赤字に…成功させるためのポイント4つとは?

相続対策には不動産の購入・生命保険加入などの相続税の節税、生前贈与による推定相続人(将来相続人となる方)の負担軽減などがあります。相続対策の失敗事例にはどのようなものがあるのでしょうか?成功させるためのポイントとは?本記事では、相続対策の失敗事例と成功させるためのポイント4つを解説していきます。
お金のコラム

相続対策に有効な生前贈与とは?贈与税の非課税制度を解説

生前贈与は生前に現金で一定額を贈与する方法で、相続対策としてハードルが低く取り組みやすい方法です。さらに生前贈与を行っておくことで、将来相続人となる方は相続の手続きの手間が軽減されます。本記事では、生前贈与の概要と贈与税について、相続対策として有効な生前贈与の方法5つを非課税制度と共に解説していきます。
お金のコラム

贈与税の時効は6年(隠蔽は7年)時効が滅多に成立しない3つの理由

贈与税の時効は基本的には6年となっていますが、故意に申告を隠したりすると、7年に時効が先延ばしにされます。しかし、贈与税の時効は滅多に成立しません。この記事では贈与税の時効が滅多に成立しない理由や、無申告が税務署にバレた際のペナルティ等について、分かりやすく解説しています。
お金のコラム

贈与税の抜け道!税金がかからない方法やバレた人の末路を徹底解説

贈与税に関しては、贈与額から110万円を差し引いいた課税価格に対して、累進課税の税率が適応されるため、課税価格が多ければ多いほど納税額も多くなります。とはいえ、贈与税には控除制度が多数設けてあるため、適応条件さえ満たせばある程度は避けることが可能です。
お金のコラム

贈与されたお金を返すと贈与税はかからない?【FPが回答】

贈与されたお金を返すと贈与税はかかるのかどうか、その金額や状況によりかかるケースとそうでないケースに分かれます。この記事では贈与されたお金を、返却する際の贈与税に関して、初心者の方でも分かりやすく解説しています。最後まで読んでいただくことで、贈与の返却に関する正しい知識を、身につけることができるでしょう。
お金のコラム

贈与税は親子間での現金手渡しでもばれる!?贈与がばれる事例を解説

自宅で親子間での現金手渡しであれば、贈与税の申告をしなくてもバレないのではないか、と考えている人は非常に多いです。しかし、結論からいうと例え親子間での現金手渡しであっても、贈与税の未申告はばれてしまいます。この記事では、親子間での現金手渡し等に関する贈与税の徴収事例や、節税するための正規の方法等をわかりやすく解説しています。
お金のコラム

贈与税はいくらからかかる?かからない方法や計算式等を徹底解説!

贈与税には基礎控除額110万円を差し引いた金額に対して、特定の税率が加算されます。贈与する金額が多い方は、かかる税金がその金額によって大きくなりますので、できるだけ税金を抑えるための対策が必要になります。この記事では贈与税の具体的な計算方法や、贈与税がかからない方法等に関して、初心者の方にも分かりやすく解説しています。
お金のコラム

【2021年度版】住宅取得資金の贈与、非課税制度を徹底解説!タイミングはいつがいい?

父母や祖父母など直系尊属から住宅取得資金の贈与を受けた時に、一定の要件を満たすと贈与税が非課税になる制度が存在します。非課税制度は契約の締結が2021年12月31日までの住宅と期限・要件が定められており、適切なタイミングで利用することで節税が可能となります。今回は住宅取得資金の贈与を受けた時の非課税制度の概要と要件、利用する手順を解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました